コラーゲン生成

コラーゲンにまつわるウソ

フェイシャルエステマッサージ

一般的に、コラーゲン入りのドリンク(結構高い)を飲むとかコラーゲン入りの化粧品を使えば、お肌がコラーゲンで潤うということが信じられています。

 

また、スッポン料理はコラーゲンが豊富なので、翌朝はお肌がプルプルツヤツヤになるとか言われています。

 

 

でもうちの妹のだんなさん(何かの博士)が言ってましたが、食べたり飲んだりしたものが、肌に届くということはない。
と言っていたので、調べてみました。

 

調べてみると本当でした。いくら口からコラーゲンをとってもそれがお肌のコラーゲンに定着することはないのでした。

 

コラーゲンとはタンパク質の一種です。

 

コラーゲンを含むタンパク質はすべて消化されてアミノ酸になり、腸で吸収され、必要に応じて骨、皮膚、脂肪などいろんな組織が作られます。

 

コラーゲンを作るのは女性ホルモンが管理していたのです。

 

すなわち、コラーゲンを管理しているのは、女性ホルモンなのです。

 

 

女性ホルモンは年齢とともに減少していきます。

 

40代半ばともなると、急激に女性ホルモンは減少し、残念ながら、いくらコラーゲンをとっても、アミノ酸をとっても、肌のコラーゲンは増えません。

 

コラーゲンの元はあるのですが、つくる能力がなくなっていくのです。

 

ですから逆に20代、30代の方たちにはスッポンやコラーゲンドリンクは効果があると言えることになります。


コラーゲン入り化粧品はどう?

一般的にコラーゲン入りの化粧品を使うと、肌にコラーゲンが直接きくと思っている人が多いようです。

 

 

しかしそれは間違い。

 

コラーゲンは分子が大きいので、塗ったとしても肌の奥までは届きません。
それこそナノレベルまで細かくしないと。

 

そして化粧品に入っているコラーゲンはおもに魚のコラーゲン。
人は自分以外のものは受け付けないので、お魚さんのコラーゲンが仮に浸透したとしても、肌は受け付けないのです。

 

 

ただし、コラーゲン入りの化粧品はコラーゲンのほとんどが親水性アミノ酸であることに加え、繊維状タンパクですので球状タンパクよりも表面積が広くなり、保水効果が高くなっています。

 

要するに、化粧品に使われるコラーゲンは角質層の水分を保つ、いわゆる保湿には大変優れた効果があります。

 

常に潤いを求めている現代女子にはいいものだと思います。
ただし本物のコラーゲンは定着しませんけど。

 

コラーゲン配合化粧品は保湿に大変優れている。ということです。

シワ対策に有効なコラーゲンを増やす成分

ではどうしたら、ちゃんと自分でコラーゲンがつくれるようになるでしょうか。

 

それはコラーゲンを増やす成分の入った化粧品を使ってあげることなんです。

 

それは何なのでしょうか!

 

コラーゲンを増やす力のある成分はいくつかあります。

 

 

1.ビタミンC誘導体

 

2.ナイアシン

 

3.レチノール

 

 

この3つの成分は真皮まで到達して、コラーゲンを作る上で必要不可欠な繊維芽細胞の働きを活発化させ、コラーゲンが作られるのを促します。

 

 

1.ビタミンC誘導体

 

ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいため、肌に入りやすい形に変えたものをビタミンC誘導体といいます。

 

ビタミンC誘導体はクリーム状より、液体のほうが浸透しやすいので、化粧水で使うのがオススメです。

 

表示に、リン酸アスコルビル バルミチン酸アスコルビルが含まれる化粧水を使うといいでしょう

 

ちなみに前者は安いですが、バルミチン酸アスコルビルを含む化粧水は高いですね。

 

代表的なものを上げると、アスタリフトのローションとかです。これは高めの商品になります。

 

アスタリフト ローション 化粧水 容量:150mL レフィル対応 富士フイルム

アスタリフト ローション 化粧水 容量:150mL レフィル対応 富士フイルム

 

 

美顔器によるイオン導入も効果があります。

 

 

2.ナイアシン

 

水溶性ビタミンの一種で、コラーゲンの合成を高め、肌代謝を活発にします。

 

肌が弱い人向けの商品。

 

ナイアシンを含む化粧水です

 

オーブリーオーガニクス ナチュラルハーブ フェイシャルアストリンジェント 237ml

オーブリーオーガニクス ナチュラルハーブ フェイシャルアストリンジェント 237ml

 

 

3.レチノール

 

ビタミンAの一種。
肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを増やす能力があります。

 

ちりめんジワに効果的です。

 

日にあたると効果が薄れるので、夜、寝る前に美容液として使用するのがおすすめです。

 

アイクリームなどにもよく使用されています。

 

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) レチノール 10ml

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) レチノール 10ml

 

 

 

フェイシャルエステでコラーゲン生成

フェイシャルエステマッサージ

さて、フェイシャルエステに行ったら、コラーゲンは増えるのでしょうか。

 

フェイシャルエステは金額は高いですが、やはり行くと、お肌がもっちりして、引き上がり、かなりの効果があるのは事実です。

 

 

エステシャンの的確なマッサージにより、お肌に塗った美容液が真皮に浸透し、コラーゲンの生成を助けるというもの。

 

果たして本当でしょうか。

 

たとえば、ミスパリのフェイススリムのコースの内容を見ると、

 

『お肌のハリや弾力を司る「真皮」は、70%がコラーゲン。これが減少してくると、お肌のシワ、たるみ等へとつながります。
「フェイススリム」のオリジナルのマッサージ は肌の深くまでフルハンドで刺激を与え、お肌をイキイキ、張りのある状態へ導きます。
それにより、コラーゲンの再生能力と血液やリンパの流れ、ホルモンバランスなどの正常化を促し、顔全体を引 き締めを目指します。』

 

と、書いてあります。

 

ミスパリのフェイシャルマッサージはオリジナルの純金クリームを使うというところです。

 

金にはコラーゲンを再生させる能力があるのです。

 

美容整形には、金の糸を埋め込み、シワ・たるみを改善する施術があります。

 

金の糸の施術をすることにより、繊維芽細胞、サイトカインが活性化され
「肌のハリ」「シワ」「たるみ」「肌の質感」に効果があります。

 

また、皮膚のターンオーバーを正常化し、美白効果を得ることが可能です!
皮下に金の糸を挿入すると、皮膚の損傷を回復するため各種成長因子、サイトカインといわれる 細胞活性因子が局所に集中します。
いわゆる創傷治癒が起きることになります。

 

この際に、繊維芽細胞が活性化し皮膚の張りにとって必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸が生成されます。

 

金の糸は皮下でコロイド状に遊離して周囲の皮膚に作用し続けます。 サイトカインは免疫細胞を活発化するため大食細胞、マクロファージといわれる白血球を局所に呼び寄せ、メラニンも減少するため 美白の効果もあります。

 

金の糸美容術は、一度の施術で10年前後効果が持続します。
金の糸を挿入した直後から効果が出はじめ、老化にブレーキをかけます。』

 

 ガーデンクリニックさんより引用。

 

 

10年効果が続くとは素晴らしい話ですが、金の糸の施術は効果が出ないこともあるそうなのです。

 

体質により合う合わないがあるのでしょう。

 

ですが、コラーゲンの生成を助けるというのは本当でしょう。

 

ピューべッロにも、金箔導入艶肌コースというフェイシャルエステがあります。

 

金がエイジングケアに効果があるのは間違いないと思われます。